FACILITIES
全ての競技者へ!
プロアスリート/社会人/大学生/高校生/中学生/小学生/キッズ/シニア

自分だけでは、できないことがある。

チームだけではできないことがある。

安全で、確かな方法で、成長したい、ひとりひとりの想いに応えます。

トップアスリート、子どもたち、一般層からシニア層、全ての世代が集うIWAアカデミーには、独自にノウハウが蓄積されていくシステムがあります。

全世代に対応することで、生まれたIWAメソッド。

全ての方に、本物を提供していきたい。岩隈久志、IWAメンバーの想いです。

PRACTICE

自分のベストプラクティスを見つける

どのスポーツにも競技力を上げる方法が数多く存在します。

そのため、どの方法が自分に合っているのかを見つけることが、レベルアップのカギとなります。

ある結果を得るのに、自分にとって最も効率の良い練習法、プロセスのことをベストプラクティスといいます。プラクティスフィールドは、実践を通じて、競技力を上げるための、自分だけの練習法=ベストプラクティスをみつけ、着実なレベルアップへと導きます。

IWAプラクティスメソッドの3ステップ

  1. 自分の身体が繋がるポジションの確認
  2. 自分の身体に合った“力”の使い方をドリル(反復できる基礎練習)で訓練
  3. 自分に合ったフォームにまとめていく。

どのスポーツ、どの年代の方でも、ご自身のレベルに合わせて、マンツーマンで丁寧にプラクティスサポートします。

STRENGTH

身体の使い方を徹底的にトレーニング

身体は、成長に伴い変化します。年齢を重ねると老化が進むように、常に変化しているのです。ですから、子どもの時は子どもに必要なトレーニング。成長期には成長期に必要なトレーニング。成年期、老齢期にはその時々に必要なトレーニングと、目的に合わせる必要があるのです。

トレーニングには、必要なステップがあります。

  1. 運動感覚を養う
  2. 身体の構造と働きを理解する
  3. 身体への意識の向け方を知る
  4. 動作の質を追求する
  5. 出力の向上を目指す

複雑に見える動作も、実は単純な動作の組み合わせと応用で成り立っています。トレーニングのスタートはまず、”立つ” “走る” “跳ぶ” など、全ての運動の基礎を徹底して見直すところから始まります。それはプロのアスリートであっても同じです。その後身体の構造と働きを学び、トレーニングを通じて身体への意識の向け方を知り、目的に合わせた動作の追求をしていきます。

自分の身体についての理解が深まれば、使い方がわかります。

結果、重量も思った以上に挙がりますし、筋力もつきます。筋力だけを上げようと考えがちですが、それではパフォーマンスは上がりません。筋力は、身体の使い方を追求していく中で、結果的についてくるべきものなのです。

みなさんが本当に求めるトレーニングができるのが、IWAストレングスフィールドです。

RECOVERY

身体を最高の状態に整える

身体にでる“痛み”、“歪み”、“偏り”、これらは全て成長を妨げる要因です。

これらは、疲労からくることがほとんどです。ところが、成長するためには、練習、トレーニングなどの、負荷をかけなければなりません。ほとんどの方が、負荷を重ねるばかりで、身体を回復させるための働きかけが足りていないのが現状です。ですから、良いパフォーマンスを発揮するためにも、順調な成長のためにも、身体の疲労をとり、バランスの良い身体へと状態を整えることがとても大切で、その習慣があるかどうかで成長の度合いも変わってくるのです。

トップアスリートは、定期的にリカバリーを受けます。

自分の身体を整え、疲労をとること。このことが、自分のベストパフォーマンスを発揮するためにまず必要なことと理解しているからです。

そして、リカバリー習慣こそ怪我を予防することにつながります。

痛みが出てからすぐに治療を受けることも大切ですが、それよりも普段から、身体の環境を整えることが大切です。子どもから一般の方、シニア層まで利用していただけます。

自分の身体を、最高の状態に整える習慣を身につけることができるのが、IWAリカバリーフィールドです。

リカバリーフィールド活用方法の詳細はこちらのページへ

主な利用者
  • 野球選手 (少年野球〜社会人野球、プロ野球、メジャーリーグ)
  • プロサッカー選手
  • プロゴルファー
  • 柔道(オリンピック出場選手)
  • フェンシング選手
  • アメリカンフットボール選手
  • プロテニス選手
  • 中学・高校バスケットボール選手
  • バレーボール選手
  • ラクロス
  • 陸上
  • 卓球
  • バドミントン
  • ボクサー
  • パラアスリート
  • ダンサー
  • チアリーダー

など

TOP